読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しのぶの庭。

主に「どうぶつの森」や「ポケモン」などの日記を書いてます。たまに変なパンダを描いてます。

歩く水族館と小波の街。

ポケモン ホワイト2

やってきましたサザナミ。

さて、どうやってセイガイハシティへ行こうか…

と考えながら13番道路へ向かうゲートに近づくとライブキャスターが鳴りました。

ライバルのダイキ君です。

ダイキ「テツヤ!いまどこにいるッ!」…サザナミタウンだよ。

ダイキ「サザナミ?わかった!そのままマリンチューブを通って セイガイハシティに来いよな!」

何と!マリンチューブ!もう通れるようになったんですね!

しかもそこを通ってセイガイハに行けるとは!ヽ(*´∀`)ノ

 

そしてマリンチューブへ。

歩く水族館!良いですね~。水族館は大好きです。中に入ると謎のご老人が…

老人「マリンチューブ いわば海底トンネルだが どう造るかわかるかい?

  簡単シンプル!造ってから沈めるだけだよ!

  ま ポケモンがいないとここの工事は無理だったけどね」

 ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー 3ヘェーです!

 

すごぉぉぉぉぉい!。゚(゚´Д`゚)゚。

マリンチューブ!素敵です!まさに海底を歩いてますよ!(ポケモンも進歩してますなぁ…ホロリ)

青い世界をスイスイと泳ぐバスラオ!ゆったりと漂うプルリル

チューブの真ん中辺りには大きな海溝が!マリアナ海溝かと思った!( ゚д゚ )

調べたところ、時間帯によって見れるポケモンが違うようです。

(午前中にはマンタイン、夕方以降はプルリル、運がよければホエルオーも!)

お兄さん「歩く水族館っていうけど これってポケモンたちが ぼくらをみてるんじゃないの?」

…そういう発想嫌いじゃないですよ(ΦωΦ)フフフ…

このマリンチューブはサザナミタウンとセイガイハシティの友好を記念して建設されたそうですよ。

厚さ25センチの強化ガラス製で、海底の高い水圧にも、大型ポケモンの接触にも耐えれるとか。

良いですね~…何度も言いますけど良いです!こういうの大好きです(*´∀`*)

 

最高の水中散歩道を抜けると、そこはセイガイハシティ!

ヤシの木のような木もあるし、北の方にある割りに南国風ですね。

(うわぁ…ダイキ君が出待ちしてますよ…w)

ダイキ「いでんしのくさびは絶対に取り戻すッ というわけでオマエはまず ジムリーダーに勝てッ!」

(´ω`)ハァ…分かりましたよ。しかし、そんな悠長で良いんですかねw

 

まずは街探索!プルリルの顔出し看板がありました。

写真…誰か撮って欲しいです。ソウルシルバーではフォトジェニック親父「ゲンゾーさん」が居たのに…

ふむふむ、どうやらセイガイハは、かつては知る人ぞ知るリゾート地だったようです。

お兄さん「おい マジかよっ!

  アンタのスワンナ なみのり できるのかよ!スゲー…マジでリスペクトするぜ!

  アンタと スワンナみたいな ノったり ノられたりな バイブス 最高にイカしてるぜ!」

…???僕がスワンナに乗る事はあっても、スワンナが僕に乗る事はないですよ。

ところで「バイブス」とは…調べたらレゲエ用語で、

「フィーリング」とか「雰囲気」を表すときに使う言葉みたいですね。

合っていればの話ですが…w 子供はわかんねぇッスよ…大人でも分かんないんだもん(´∀`;)

変なカナヅチお兄さんはいるし、ポケセン前には砂浜追いかけっこしてるバカップルがいるし…

カオスな街ですね('A`)

 

ジムへ行く前に周辺の探索も。

水着のお姉さん「14.5mもある ホエルオーも

       モンスターボールに入っちゃうんだ 科学の力って…すごい!」

全くですね!しかし、ここにも「科学~」の台詞を言う方がいたとは…ポケモン世界の科学力パネェ。

海パン野郎「セイガイハのジムリーダー シズイさんは七日七晩 海の中で 過ごせるってよ!」

…( ゚д゚ )え…どういうこと?そのヒト、人間なの…?海の上じゃなくて海の中!?

今作は人間離れしたキャラが多いですね…ポケモンレスリングする人もいるし…w

 

一通り回ったらジムも見てこようかな…(・∀・)