読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しのぶの庭。

主に「どうぶつの森」や「ポケモン」などの日記を書いてます。たまに変なパンダを描いてます。

佇む伝説と怪しいマシーン。

ポケモン ホワイト2

前回の続きで22番道路へ。

セイガイハの水上バンガローから西に進むと22番道路です。

草むらをかき分け、トレーナーを倒しつつ進むと、ぽつんと佇むポケモンが…

テラキオンです。何てオーラのない…一応、伝説のポケモンですよね?(´・ω・`)

とりあえず近づいてみると…何処からか謎の声が。

???「いま あなたの眼前で 存在感を放つ そのポケモンテラキオン!」

何と背後からアクロマさんが…や、別に存在感は放ってないと思いますよ。

むしろアクロマさん方が存在感ありますよ(主に髪型)。

アクロマ「ひさしぶりです! テラキオンは戦いの炎からポケモンを守るため

   人と戦った3匹のポケモンの1匹! プラズマ団が発する危険なにおいをかぎとり

   彼らに対抗できる 強きポケモントレーナーを 求めているのでしょう!

   あなたの前に現れたのは 興味深いできごと……!

   それはさておき あなたは!プラズマ団と戦うのですか?」

もちろん、そうなりますね。

 アクロマ「なるほど!であるならば!自分のポケモンを守れる 強さを持つのです!

   ポケモンに守ってもらうだけが トレーナーではありません!

   トレーナー自身が強いからこそ!ポケモンのことを想うからこそ

   ポケモンも力を発揮できる!よろしい!これはわたくしからです!」

アクロママシーン」なる怪しさ大爆発なモノを頂きました。

アクロマ「それは!ポケモンを活性化させる装置の試作品!

   戦っているポケモンには使えませんが なにかの役に立つでしょう!

   ではあなたとポケモンの旅の無事を祈って!」

アクロマ「そういえば!21番水道にある 海辺の洞穴の中で

   4番道路を思い出すような 懐かしいものを見ましたよ」

言いたい放題言って、謎の決めポーズをして去っていきました…

ホント謎な人ですね。それにしてもポケモンを守れる強さ…まさか物理的な強さじゃないですよね?

それともやはり超人にならないとポケモントレーナーには成れないのでしょうか…(´・ω・`)

だから今作はポケモンレスリングしたり、ポケモンと一緒に泳いだりしてる人が多いのか…

 

あと実はすでに海辺の洞穴は一通り回ってしまっていて、

「4番道路を思い出す懐かしいアレ」もすでに見ちゃってるんですよねw

まぁ、いずれまた来ないといけないだろうと思って、日記には書かなかったんですけど(´ω`)

とりあえず22番道路の探索が終わったら、また海辺の洞穴に行って見ますか!