読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しのぶの庭。

主に「どうぶつの森」や「ポケモン」などの日記を書いてます。たまに変なパンダを描いてます。

プラズマ団の野望。

 またしても間が開いてしまいました。潜入中なのに(´∀`;)

 

ではバリアの部屋に戻って、パスワードを入れましょう。

ヒント通りに4桁の数字を入れて…ピコンピコン!パスワード入力成功!(・∀・)

全てのバリアが解除されました!これで先に進めますね。

奥のワープ床からヴィオじいさんの元へと向かいます。

 

ワープした先は謎の部屋。ヴィオじいさんと団員が一人。

そして鉄筋床の隙間からキュレムらしき姿が…

ヴィオ「ここまでくるとは たいしたトレーナーだ

   わざわざきたのだ いいものをみせてやるとするか

   これが……! 伝説の氷ポケモン その名はキュレム!」

やはりキュレムでしたか!(でもキュレムなら前作でGETしましたよw)

ヒュララ……(その鳴き声微妙…)

ヴィオ「ソウリュウに撃ちこまれた 氷のミサイルは

   キュレムの能力と プラズマ団の科学力で造りだしたものなのだ

   さて…おまえはプラズマ団にとって 不安要素になりかねない ここで排除するのだ!」

その時!ワープを通って颯爽と現れたのは!ライバルのダイキ君!

ダイキ「……させないぜ バリアを解除してくれて ありがとな!たすかった!」

君はいままで何処にいたのですか…(´・ω・`)

ヴィオ「むぅ!まとめて 始末するのだ!」

ここで、ヴィオと下っ端コンビ相手にテツヤ&ダイキがダブルバトル

 

何とか勝利を収めるも、カガミくん(エンブオー♂)の体力がヤバイ(´Д`)

ダイキ「……プラズマ団に負けてたまるかッ! で ここはなんだッ?」

ここでダイキ君はキュレムに気付きました。

ダイキ「あのポケモン……凍りついている…まさか……ソウリュウの……!?」

ヴィオ「ふむう 存外さといトレーナーだ

   それほど分別があるのに なぜ ワタシたちのアジトに乗りこむ危険を冒すのだ?」

ダイキ「……決まってる ……妹のポケモンを 取り戻すためなら なんでもする

   5年前 ヒオウギチョロネコを奪ったのはオマエか!」

ヴィオ「チョロネコぐらい だれかが奪い使っている だが 解せぬ……?

   チョロネコなら他にもいるのに なぜ そこまでこだわるのだ?」

ダイキ「……死んだ じいちゃんが妹のために

   捕まえてくれたチョロネコは 世界にそいつだけだからだよ!!」

!? 衝撃の事実です。探しているチョロネコさんはお爺様の形見だったのですね…

ヴィオ「個人の想いか……それはおまえにとって とても大きなことだろうが

   他人からみれば どうにも小さなものだぞ それに比べ この船の威容をみたか?

   この船 そのものが伝説のポケモン キュレムの力を 利用するための装置!

   これで今度こそ!イッシュを制圧するのだ ……さて キュレムもすっかり回復したようだ

   いでんしのくさびは大切に使わせてもらうぞ あとは任せた ダークトリニティ!」

ダイキ「ふざけるなッ!負けたくせに!!」…全くですねヽ(`Д´)ノ

 

しかし、ダークトリニティが僕らを捕らえたと同時に暗転。

気付いたら僕らは海辺の洞穴の海岸にいました。またダークトリニティに連れて来られたのでしょう。

プラズマフリゲートは空高く飛び去り、僕らはただただ呆然と見送るしかありませんでした。

ダイキ「プラズマ団!どこへ飛んでも 逃がさないッ……!で あっちになにがあるんだよ?」

さぁ…さっぱり分かりません┐(´д`)┌

すると海辺の洞穴からチェレンさんが…

チェレン「ゴメン……遅くなって」

…全くですね。大遅刻ですよ(ニッコリ

チェレン「飛び先は おそらくだけど ジャイアントホールだね」

ダイキ「ジャイアントホール!22番道路の奥だな!じゃ オレは行くッ!テツヤ!おまえも来てくれッ!」

…はいはい。もちろん行きますよ(´ω`)

ダイキ「だってあのポケモンキュレムだっけ あいつの鳴き声 なんだか哀しそうだった」

そりゃそうですよ。キュレムの意思でやってるとは思えません。

僕的にはキュレムも救いたいポケモンの内に入ってますからね。チョロネコと一緒に…

チェレンキュレムプラズマ団キュレムの能力を悪用しているのか!

    どうやって プラズマ団をとめる……?

    キュレムがシャガさんのいうとおり 伝説のポケモンならば

    対抗できるのはレシラム……もしくはゼクロムだけ……!」

マジ?じゃぁ前作からゼクロム借りてきますか?一人通信ですぐですよw

チェレン「だけど…2匹ともいまはいない……

    伝説のポケモンに認められた あいつはどこだ?ぼくが探しだすしかないか!」

(; ´-`)。o 0(…借りれるのに…ゼクロムだけなら…)

 

チェレンさんは聞いてないので、仕方ありません。

無策ですが、ジャイアントホールへ向かうとしますか(´・∀・`)