読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しのぶの庭。

主に「どうぶつの森」や「ポケモン」などの日記を書いてます。たまに変なパンダを描いてます。

Nの真実と理想。

Nさんのレシラムキュレムちゃんを助けるぞー(・∀・)b

 

N「微かだがトモダチの……レシラムの声がきこえる まだ分離できる……と

 お願いだ!ボクのトモダチを助けてくれ!そしてイッシュのポケモンもヒトも……」

 

ゲーチス「さあ!ワタクシはアナタの絶望する瞬間の顔がみたいのだ!

 イッシュを守るために戦う!アナタのような端役にはもったいない

 とっておきの舞台を用意してあげたのです!負けて華々しく散れ!」

 

 …端役(^ω^#)ピキピキ

 

ムカつくのでとっととレシラムキュレムを助けましょう!(私怨含む)

ところでホワイトキュレムの鳴き声「バァーニキュラムッ!!」は適当過ぎませんかw

おおBGMがカッコイイ!!さすがですね。あれ?名前はキュレムのままなんですね。

レベルは55か…高いなぁと思ったら僕のメンバーもレベル55が3匹もいたw

「クロスフレイム」カッコイイ!でもカルピス(マリルリ♂)には効果は薄くあんまり迫力が…w

しかも、カルピスの「おんがえし」三発で倒してしまった…何かゴメン(´・ω・`)

 

倒したことで二匹の合体が解けたのか、レシラムキュレムの悲鳴が聞こえます。

そしてキュレムからレシラムが分離しました!あれ?キュレムちゃんは何処へ…?

ゲーチス「まさか!せっかく用意したホワイトキュレムが!!

 なんと忌々しい!消えたキュレムをまた確保せねば ならんではないか!

 やはり目障りなトレーナーはワタクシが手をくだしましょう!」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工 往生際の悪いおっさんなのだ。

ゲーチス「今度こそ!だれがなにをしようと!ワタクシをとめることはできない!」

N「!!」

 

うわぁぁぁぁ!まさかの連戦!。゚(゚´Д`゚)゚。

想定外でした!あれ?でも回復してる何時の間に!??(´;ω;`)

やべー!ゲーチス戦考えてなかったですよ。勝てますかね…いや、勝たないといけませんね!

 

それにしてもBGMがやかましい!

ゲーチスゲーチス…/と謎コールに加え、今作はアレンジされてるのかドンドコカンカンとw

お祭りですか!ヽ(`Д´)ノプンプン

でもバトルはなかなか良い感じに進んでます。

シビルドンが来た時は、思わず「計画通り」とほくそ笑みたくなりました。

こっちには「かたやぶり」持ちのセピア(ドリュウズ♂)がいますからね!(・∀・)ドヤァ

タイプ相性のバランスが程よいメンバーで挑んだおかげで、いきなりのバトルでしたが圧勝!

 

ついにゲーチスをぎゃふんと言わしました(はやく回復したい。byポケセン依存症)

ゲーチス「……どういうことだ?

 このワタクシはプラズマ団をつくりあげた 完全な男なんだぞ!

 世界を変える 完全な支配者だぞッ!?」

どうでもいいけど、「PWTには僕より強いトレーナーなんてウヨウヨしてますよ」

って言ったら彼はどんな顔をするのでしょうか…(´・ω・`)

いまだに優勝できないのに…w

ゲーチス「一度ならず二度までも 無名のトレーナーごときに……!

 認めるか……!ありえるのか……!ポケモンなる道具を使いこなせぬ

 愚かな者たちに 遅れをとるとは!」

N「あえて こう呼びます とうさん!わかってください

 ポケモンは道具ではないのです ポケモンとヒトはお互いを高みへと誘っていける

 すばらしき パートナー なのです!それをわかっている ヒトたちもいるのです!だのに!」

ゲーチス「黙れ!黙れ 黙れ 黙れいっ!!ポケモンと話せる化け物が!人間の言葉を語るな!!」

何て事を…!と意気込んだ瞬間、またダークトリニティが!瞬間移動はやめて!

DT「ゲーチスさまは…もう正気では……ここはわたしたちが……」

N「うん……とうさんがいなければ プラズマ団はもう……」

DT「……では」

何か身内でさっさと決めてしまい、去っていったダークトリニティゲーチス

いいの?それでホントに…しかし、Nさんの「とうさん」呼びは切ないなぁ…

あんなヒトでもNさんにとっては父親なのか…やりきれないなぁ(´・ω・`)

N「みんなにかわって……アリガトウ!

 キュレムだけど大丈夫 今は力を失っているが またここに現れる……!」

その言葉に応えるように鳴くレシラムキュレムちゃんはもう大丈夫なようだ。

N「レシラムもいっている キミに アリガトウ って!

 そう……ボクはポケモンと話せるんだ」…そのようですね。羨ましい><

N「あのとき……しのぶやアデクが教えてくれた……

 さらに多くの出会いを経て いろんな声をきいた……

 異なる考えを受け入れ 世界は化学反応を起こす そうしてボクの世界は静かに広がった……

 ポケモンといることで ヒトは未知なる世界へ進める

 ヒトといることで ポケモンは真の力を発揮する……

 それがレシラムが教えてくれた ポケモンとボクの真実……

 そしていつの日か 真実と理想は交わり モンスターボールの支配から ポケモンもヒトも 解き放たれる

 キミ!キミとポケモンが目指す道はどんなものか?

 その真実を確かめるため ポケモンリーグへ向かいたまえ!」

(何と意外な。2年前、とんでもないことをした君がそれを言うのか…)

(変わったなぁ…Nさん。最初は電波系男子だったのに…w)

と思わず前作の主人公「しのぶ」になってしまうくらい感動してしまいました。

 

そしてNさんはレシラムに乗って去っていきました。

何処へ行くのでしょうね。やはりまだ「しのぶ」を探しているのでしょうか。