読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しのぶの庭。

主に「どうぶつの森」や「ポケモン」などの日記を書いてます。たまに変なパンダを描いてます。

彼の得た数式。

プラズマ団の事件も一件落着したので、殿堂入りする旅を続けようと思います。

 

と言うわけでやってきた23番道路。やたら入り組んだ道で、

なみのり」「いあいぎり」「かいりき」がないと全部回れないようになってました。

技マシンやアイテムも回収したいので、秘伝要員を連れて探索。

途中、「かいりき」を使って進む場所があり、頭を捻らせて頑張りました。

そしたらポケセンで「ハッスルマッスル」のメダルを頂きました!(┘゚∀゚)┘ハッスル!!

 

トレーナーを倒しまくり、アイテムを回収し、チャンピオンロードの入り口へ。

右側が黒、左側が白、左右に塗り分けられた門と道。ここを進めばチャンピオンロードが…

って!あれ?あの人は…

N「……来たね」

…Nさんじゃないですか。あなたの言うとおり、ここまで来ましたよ(・∀・)

N「このチャンピオンロードの先に ポケモンリーグがある

 ポケモン勝負とは ポケモンを傷つけること……

 そうとらえ 忌避していたが そんな単純なものではない

 ポケモン勝負とは!勝敗を決する…それ以上に!

 自分のポケモンと!自分!相手と!相手のポケモン

 それぞれが異なるすばらしさを持っていることを確かめあうもの!

 そう!異なる考え 異なる存在を受け入れ 世界は化学反応を起こす!

 ポケモン勝負はその小さくて大きな一歩なんだ!これがボクのトモダチ

 レシラムが教えてくれた……そして世界を旅して得た ボクの数式!

 この意味をキミ自身で考えてほしい」

素晴らしい考えだ。僕もほぼ同じ考えですよ。

前作の主人公の活躍はここまで彼の考えを変えたのかと思うと、感慨深いね(・∀・)

N「おや……?キミは……あのとき ボクを助けてくれたゾロアだね アリガトウ!」

そうです!この台詞の為に今回は特別にNさんの「ゾロア」をパーティに入れていました!

気づいてくれてよかったぁ(*´∀`*)

N「そうだ!これを持っていきたまえ!

 新しいチャンピオンロードたきのぼりでしか 行けない場所もあるからね」

おお!ありがとうございます!「たきのぼり」の秘伝マシンを頂きました!

それにしても秘伝要員にパーティ枠が奪われるなぁ…ちょっと困るね(´・ω・`)

N「うん!キミのポケモンとキミなら!ポケモンリーグを勝ち抜き

 キミたちだけの真実を知る!ボクにみえるのはそんな未来だ!」

そう言い残し、去っていくNさんでした。

 

さてジムバッジのチャックゲートへ行きましょう。

黒と白の道、左右には各ジムのバッジを模した柱。

床には赤外線センサーでもあるのか、踏むとバッジを確認して先に進めるようになっています。

8つ全てのバッジを確認すると、巨大な壁面が地響きを立てて地面に吸い込まれました!

科学の力ってすげー!相変わらずの謎技術ですね!(・∀・)

(でも前作のバッジチェックより簡易化されてますね。何ででしょう?w)

 

さて!いよいよチャンピオンロードです!

しかし、「たきのぼり」要員が必要とは…全く考えてませんでした。

かくなるうえは前作からおうさま(ブルンゲル♂)でも連れてくるしか…!(´∀`;)