読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しのぶの庭。

主に「どうぶつの森」や「ポケモン」などの日記を書いてます。たまに変なパンダを描いてます。

夏の定番①「怪談」。

ハピ森

f:id:shinobu11:20160630103823j:plain

今日のお客様は「怖い話を語り合う部屋」を求める「ゲンジ様」
まろ眉が雅なウサギさんですね。源氏物語とは関係ないのでしょうかw

外観

f:id:shinobu11:20160630103827j:plain

「夏は怪談」と言いつつ土地は秋w
物悲しい雰囲気にしたかったんです。天気は雨。
(※ちなみに廃墟をリフォームしたと言う設定です)
不法投棄された粗大ごみが散乱し、入るものを拒むように木や植え込み、岩が邪魔をします。竹で見えませんが、右奥には井戸があります。左奥にあるのはお墓のような石碑。意味深に花束が備えてあります。かつてここで何があったのか…(ΦωΦ)フフフ

メイン部屋

f:id:shinobu11:20160630103824j:plain

メイン部屋は怪談大会の会場。予約すると参加できます。
ただメンバーはゲンジ様を含めて四人なので、一度に三人までしか参加できません。
ここでゲンジ様の怪談話を聴いて、一泊するのが大会のルールです。
(夏限定のイベントと言う設定です。ミステリーツアー的なw)

地下部屋

f:id:shinobu11:20160630103825j:plain

地下室はゲンジ様の自室です。本棚はホラー物でいっぱい!

f:id:shinobu11:20160630103828j:plain

f:id:shinobu11:20160630103826j:plain

(ゲンジ様の本来の職業はホラー小説家と言う設定です)

 

 

怪談大会のテスト参加

f:id:shinobu11:20160630103829j:plain

怪談大会が始まる前のテストプレイ(?)に参加しました。

f:id:shinobu11:20160630103830j:plain

ぐっ…狭い…

f:id:shinobu11:20160630103831j:plain

夜に来ると雰囲気があります。変な音も聞こえます。

f:id:shinobu11:20160630103832j:plain

ゲンジ「やぁ!待ってたぜ!」
ゲンジ「まずはこれを着てくれ!」

f:id:shinobu11:20160630103834j:plain

甚平を着せられました。寒いんですが…w

f:id:shinobu11:20160630103835j:plain

しのぶ「この横のカメラは何ですか?」
ゲンジ「寝てる間に怪奇現象を撮影する為に決まってるだろ?w」
しのぶ「あぅぅ…(;´Д`)」

f:id:shinobu11:20160630103836j:plain

ゲンジ「ほら。怪談話、始めるぜ!」
しのぶ「(そんな軽いノリなの…?)」

f:id:shinobu11:20160630103837j:plain

ゲンジ「……って話だ。どうだった?」
しのぶ「ゾクゾクしました…:(;゙゚'ω゚'):」
ゲンジ「涼しくなったみたいでよかったな!じゃあ、寝るとするか!」
しのぶ「(やっぱり、オイラ系はノリ軽い…)」

f:id:shinobu11:20160630103838j:plain <ジリリリリリリリリ!!

しのぶ「!?!?!?」

f:id:shinobu11:20160630103839j:plain <ジリリリリリリリリ!!

しのぶ「で、電話が!黒電話が鳴ってますよ!」
ゲンジ「出ない方が良いぜ!」

f:id:shinobu11:20160630103840j:plain

ゲンジ「その『呪われたお人形さん』は話し相手が欲しいみたいでさ」
ゲンジ「電話に出た相手に憑いて行っちまうからな!」
しのぶ「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
ゲンジ「まぁ、ほっとけば諦めて鳴りやむから。気にすんな!」
しのぶ「(気になるよ…)」

f:id:shinobu11:20160630103843j:plain

しのぶ「ホントにこの部屋で寝るの…?」

f:id:shinobu11:20160630103841j:plain

暗いところで見る「雛人形」の怖さ。

f:id:shinobu11:20160630103842j:plain

f:id:shinobu11:20160630103844j:plain

f:id:shinobu11:20160630103845j:plain

f:id:shinobu11:20160630103846j:plain

f:id:shinobu11:20160630103847j:plain

f:id:shinobu11:20160630103848j:plain

f:id:shinobu11:20160630103849j:plain

f:id:shinobu11:20160630103850j:plain

 

 

 

 

 

f:id:shinobu11:20160630103851j:plain

ゲンジ「どうだった!?面白かったか!?」

f:id:shinobu11:20160630103852j:plain

しのぶ「これ全部、ゲンジさんが書いたんですか?」
ゲンジ「その積んであるのはそうだな。本棚のは別だぜ」
ゲンジ「古今東西、あらゆる怪談話を集めてるんだ!」

f:id:shinobu11:20160630103853j:plain

しのぶ「この部屋でよく書けますね。めっちゃお面に見られてますよ」
ゲンジ「もう慣れたぜ。それよりオイラは〆切と担当さんの視線が怖いぜ…」
しのぶ「(誰が上手いこと言えと…)」

f:id:shinobu11:20160630103854j:plain

しのぶ「ちなみにこの石碑と花束は…?」
ゲンジ「ああ?これか?ただの飾りだ!インスピレーションが湧くからな!」
しのぶ「(何だ…よかった…)」